雨の日のヨガ

晴れの日のヨガも清々しく気持ちよいですが、梅雨時期の今は「雨の日のヨガ」を楽しむことができます。

雨の”しとしと”という音は、脳波をアルファ波に変える効果があるそうです。
アルファ波は集中時やリラックスしている時に出る脳波です。

雨の音や匂いを感じながらヨガの練習をすると、意識が内側に向きやすく、集中度がグッと高まってくるのを感じます。

瞑想もいつも以上に深いところまで意識が沈み、心に静寂が広がり、晴れの日とは一味違う、落ち着きを感じます。

晴れの日は晴れの日のヨガを楽しみ、雨の日は雨の日のヨガを楽しむ。

自然を感じながらヨガをすると、自然と自分との繋がり、調和を感じ、より充足感を得ることができます。

梅雨の今の時期は、ぜひ雨の音をBGMにして、静かなヨガを味わってみて下さい。