IMG_20160907_200438 (003)

ぼんやり新聞をめくっていたら、目に飛び込んて来た広告。

30代おしゃれママたちに支持されている人気雑誌 VERY 。

以前、VERYの編集長、今尾朝子さんが出演されたNHK「プロフェッショナル」をみました。
最年少で編集長に任命され、社内からの反発を受けたり、「主婦」という言葉にネガティブイメージを持つアパレルブランドから雑誌掲載を断られたり、様々な苦難を乗り越えて、多くの女性に支持される「新しい主婦、働くママ像」を打ち出します。

今尾さんがつけるタイトルは鋭く、思わず目を奪われます。

・カッコいいお母さんは止まらない
・「主婦らしい」私が今の誇り

斬新なタイトルで、未婚の私も思わず手に取ってパラパラめくってしまいます(笑)

ひと昔前は、「主婦」と言うと、髪を振り乱して家族のために尽くす、おしゃれとは無縁なイメージがあったかと思いますが、今は周りを見るとすごく「お母さん」を楽しんでいる女性が多いなと感じます。

産休や育給制度などの制度が整ってきたということもありますが、社会全体がお母さんを見る目がなんとなく前よりも温かくなってきたような。

そしてその変化に少なからず貢献しているのが、今尾さんが刷新したVERYなのではないか、と。

今日の新聞広告に素敵な文章が載っています。

子育ては楽しい。時に辛い。24時間の束縛に耐えられなくなる瞬間。
子どもの我が儘が度を越えるとき。つい周りのお友達と比較してしまうとき。
自分自身の弱さが子どもを通して見えてしまうとき。
仕事との両立に疲れ、時間のなさを嘆くとき。自分ひとりで頑張っていると感じるとき。
でも想像してみて。あなたはいつか、この日々を懐かしく思う。
こんなにも必要とされ、人から愛されるときがあるだろうか。
母の時代は想像力に満ちている。私たちは変われる。VERYはその背中を押したい。

 

全ての女性への愛が詰まっているなと感じます。
お母さんだけでなく、年齢や、結婚しているか、子供がいるかに関係なく、全ての女性へのエールに聞こえます。

人生はどんな瞬間も美しく、貴い、と。

圧倒的な人気を誇る理由はここにあると感動します。