もうすぐ平成が終わり、新しい年号になりますね。

新しい時代が始まることを肌で感じているのですが、数年前に話題になったある本を思い出します。

「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」


皆さん、読まれましたでしょうか?

私は「気になるけど読むのに時間かかりそう」と思っていた時にマンガ版が出たので、そちらで読みました^^

大雑把に言うと、

医療技術の進歩や健康管理の意識の高まりによって、今50歳未満の人は100歳以上生きる可能性が非常に高い。そうすると今までの60〜65歳で定年を迎えるという人生設計は上手く機能しなくなり、生涯現役、一生働くというスタイルに変化していく。

今までのような「20歳前後で就職して60〜65歳で定年退職して老後」というライフスタイルは崩れ、100年時代では個人が自分の意思で必要な環境、仕事、人間関係を選択していく時代が来る。

というような内容です。


まず「この身体で100年生きる」。

そう考えるだけで、この身体をもっともっと大切にしようと思いました。

そして多様性の時代はもうすでに始まっていますが、これからさらに常識、固定概念、ルールが崩れていきそうです。

例えばAIの登場によって仕事の在り方そのものが大きく変わり、今の子供が将来就く職業の約半数は現在、存在しない職業とも言われています。

youtuberという職業は以前からすると本当に誰も想像できないですよね。
 

そんな変化を不安に思うこともあるかもしれませんが、個人が社会の枠組みから自由に生きる、より成熟した時代になるとも考えられます。

何が正解か?何が幸せか?

それは完全にひとりひとりに委ねられる時代です。外側にはない、答えは自分の中にしかありません。

そんな地図のない世界を生きていくひとつの道標となるのが、「身体の声」なのではないかと思っています。


頭で決めてもどうなるかわからない時代ですが、身体はあなたの本当の幸せを知っています。

好きなことをしていれば息が止まるぐらい呼吸は深く、
好きな人といれば瞳孔が開いて目が輝き、
好きなことを話せば声は弾み、
好きな場所へ行く時は足取りが軽いはずです。

自分の身体をよく観察してみて下さい。

ヨガでは身体は魂の箱、乗り物と言われています。

共に100年生きるこの身体。

私以上にわたしのことをよく知っているこの身体。

もっともっと大切にして新しい時代を迎えましょう!