先日、2人のお客様から質問を頂きました。

①「骨盤が前傾しているので直そうとするとお尻がギュッと固くなってしまう。自然なニュートラルポジションはどうやって見つけるの?」

②「歩く時に骨盤が右に傾いて歪んでいる感じがする。どうしたらいいか?」


どちらのご質問も答えはひとつではなく、また個々人のお身体によっても変わってきますが、今回は同じ回答をさせて頂きました。

質問①の方は、骨盤の「前後の傾き」を、②の方は「左右の傾き」を気にされています。

まず、ご自身の骨盤の傾きを気をつけていらっしゃること。

これはすごいことだと思います。

身体をより良い方へ変化させていくためには、まずご自身の身体を知ってもらうことが大切だからです。

骨盤の前後・左右の意識に加え、お二人の骨盤がニュートラルポジション、身体にとって最も負担のない位置に戻るために必要なのが、「縦軸」の意識です。

メディカルイラスト工房


つむじから股下まで身体の中に1本の軸を感じます。

そしてその軸がつむじから天へ、股下から大地へ伸びていくイメージを持ちます。

この“上下に身体が伸びていく意識”を持つと骨盤は自然とニュートラルに、姿勢は真っ直ぐに整います。

そしてその姿勢を維持しようと、腹部のインナーマッスが自然と働き出し、お腹が凹みます。

腰痛、肩こり、膝の痛み、ぽっこりお腹に悩む方は重心が下がっていることが多いので、つむじの位置を高く感じることがポイントです。

この時、あごは軽く引いて下さい。


以前、瞑想のクラスに出た時に先生がおっしゃっていました。

「あぐらで座って瞑想した時に、身体が後ろに倒れる人は過去に囚われ、前に倒れる人はまだ来ぬ未来へ意識が囚われている」

縦軸のすごいところは、姿勢が整うだけでなく、意識が“今この瞬間”に戻って来るところです。

姿勢は無意識の表れ(あらわれ)ですので、姿勢を整えると意識もニュートラルに整います。

姿勢が崩れやすい方、歪みが気になる方、まずはとても簡単な“縦軸”を感じてみて下さい。