アナトミートレイン

筋膜(筋肉を包む膜)の繋がりから身体を見る解剖学的考え方です。

アナトミートレイン

このラインを意識すると身体の使い方が変わります。

10年程前、あるバレエ公演を観に行きました。

一つの演目が終わり、次の演目が始まる瞬間、舞台袖から一人のダンサーの足の甲が見えました。

その見事なラインの美しさに目が奪われ、私だけでなく観客全員の視線が一点に集中しているのを感じました。

世界的バレエダンサー上野水香さん。

足の甲だけで物凄いオーラを感じました。

1秒にも満たない出来事でしたがとても印象的でした。

アナトミートレインはいくつかあり、足裏や手の指先から始まるものもあります。

美しい軌跡を描くダンサーは身体の隅々に意識を向けることで、筋膜の繋がりを効果的に使っているのだと思います。

それは「型」がある日本の伝統的な武道、茶道にも通じるのではないかと思います。

手先、足先、

美しい所作が美しい動きを生み出すのだと感じました。