背骨の弾力


年齢を重ねると低下しやすい身体機能のひとつが、背骨の柔軟性です。

背骨は本来ゆるやかなS字カーブを描き、そのカーブが身体を支え、重力や地面からの衝撃を吸収してくれます。



スマホやパソコンを見続けたり、前屈みの時間が長くなると、S字カーブが崩れ、猫背やストレートネックの状態になります。


逆にヨガをされている方に多いのが、背骨を伸ばす意識が強く、胸椎の後弯がなくなり、真っ直ぐな背骨になることです。

意外に思われるかもしれませんが、真っ直ぐな背骨も改善が必要です。

重力の衝撃を吸収できず腰痛の原因ともなるので、私自身、改善方法を模索しています。


伸ばすばかりではなく、丸める動きもすることが大切です。

丸めたり反らせたりどちらもできるのが理想的な背骨です。

ヨガは背骨を伸ばす動きが多い為、丸めるのが苦手な方はぜひピラティスも受けてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ

前の記事

良い姿勢とは?